« May 2006 | Main | November 2007 »

愛されつづけて

「新井がFA宣言したみたいだよ」という知人からのメールを見て内臓が3個爆発した志賀です。こんばんは。

スポニチ広島で『広島・新井ユニホーム見納め?1人試合用で練習』という記事が伝言ゲームのように伝わり、知人の耳に届いたときは宣言したことになってたみたいです。
人騒がせな!

ボクは新井は残留すると思ってますよ。だってそうじゃないですか。カープに入団するために野村ケンジローに直談判したり、生涯カープ宣言したり、ぼくは野球に恋してます発言をしたり、カバンの中にある消火器に気づかなかったりした新井さんがFA宣言してカープを出て行くなんて! そんなバカなことあるわけがないではないですか。だってそうでしょう? そりゃそうだもの。新井さんがカープと決別する決意をしたなんて。そんなのおかしいですよ!カテジナさん!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

広島風お好み焼き

ものごとの良し悪しというものは一意に決められるものではない。評価基準によって変化するものである。堅固な錠前は守るものによってはよい錠前でも、侵入を試みるものにとってはそうではない。謙虚で人間性に富む有能な読売ジャイアンツオーナーは読売ファンにとっては頼もしい存在であるが、他球団にとっては複雑な存在になるであろう。

黒田投手と新井野手に関しても同じことが言える。
彼らがカープに残ってくれることが、全ての面において良いとは言えない。二人の残留による弊害は無数に数え上げることができる。黒田がいると長いイニングを投げて勝利してしまうので敗戦処理でたくさんの投手を見ることができない、新井が真面目な顔で打席に立つと緊迫した場面なのになぜか吹き出してしまう、など両手の指では足りない(2の10乗以上存在する)。

知人に「美味しい広島風お好み焼きのお店がある」と聞いたので連れて行っていただいた。なんと、店長が広島出身でカープファンというのだ。
最大の調味料であった。
シーズン中はテレビには広島戦をつけているらしいし、千葉マリンスタジアムで試合があるときは応援に行くという。私が広島県出身でカープファンと伝えると、千葉マリンや神宮で試合あるときは一緒に応援行きましょう、と気さくに話し掛けていただけた。味のみを評価しても高得点をつけられるお店だったが、もしそうでなかったとしても行きつけにしたくなる。私の行動ルートから少し離れてはいるが、また行きたいものだ。

つまり何が言いたいのかというと、黒田と新井がいなくなったら、彼らはカープというチームに欠かせない調味料だったのだと痛感するのだろうなぁ、ってこと。新たな味を作り出すにはかなりの苦労をするであろうが、そこは監督の腕の見せ所であろう。もしそんな事態になったとしても、材料の絶対量が足りない、ということのないよう球団上層部には補強をお願いしたいところだ。

いや、ほんと……お願いします……

| | Comments (2) | TrackBack (0)

野球漫画

『おおきく振りかぶって』読んだら面白かった、というメールが来た。たまたまアニメの最終回を見て、なんとなく買ってしまったらしい。
逆境ナイン(映画)見に行こうと誘ってもノリが悪かったくせに。この変節漢!(←?)

| | Comments (72) | TrackBack (0)

黒田渡米

このとき、ボクは気づいていなかった。補強してくれない球団首脳に業を煮やしたエースが自ら外国人助っ人を探しにいったのだということに。
胸が苦しい。
もしかして、これが恋?(違う)

あー、切ないなー

| | Comments (2) | TrackBack (0)

11月の新チーム

私はカープが大好きなのであります。

こんばんは。志賀です。
私も年齢で言うと31歳を迎え、ヤン提督で言えばイゼルローン要塞でロイエンタールと対峙している頃合です。技術職とはいえ、さすがに人前で話す機会が多くなってきました。仕様書の詳細決定、最適化計画の策定、調達における制約事項、『うみねこのなく頃に』の推理過程、熟女萌えは是か非か、など様々な命題に対して自分の意見を周囲に説明する回数が多くなっているのです。

会議などで述べる際、最も基本的な技術のひとつに、結論を最初に述べる、があります。まず結論をはっきりさせてから、そこに至る理由を説明するのです。ご多分に漏れず、私もこれは苦手分野と言えます。日本語は言語的にどうしても前置きが長くなってしまう特徴がありますし、誤解を誘発する、最後にひっくり返すといったお笑い的小説的手法が大好きだという要因もあります。私の論理的思考力が抜きん出ている(負の方向へ)ことも見逃せません。

そう言っていても仕方ないので、現在訓練を開始しています。人と会話するとき、文章を書くときに常に意識することで克服していきたいと考えたのです。
この文章も先の決意に違わず、まず最初に結論を述べています。
続けていて気づいたのですが、私の場合なにを思索していたとしても最終的には「カープが大好きだ」という結論に落ち着くようです。ご静聴ありがとうございました。ここからどのような有意義な弁論訓練法が記載されていくのか期待していた方、時間を無駄にさせてごめんなさい(判断力が弱いという点で、自業自得といえるかもしれません)。

そんなわけで黒田と新井のFA騒動で激論を戦わせている今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。
同年代ということで新井について書きます。

色々な憶測も出ていますが、新井が自分の行くべき道について悩んでいることは確かだと思います。私たちの年代というのは、自分はこのままでいいのだろうか、という焦燥感を持つものなのです。このまま道を進んでいけば幸せになれる、と確信をもって言える人がどれだけいるでしょうか。希望する会社、希望する職種に就けた人が我ら就職氷河期世代にどれだけいるのでしょう(たくさんいることは知ってます)。私だってこのままオタク街道を驀進して未来はあるのか、と日夜焦燥感に苛まれています。

新井がカープから出て行くと、寂しいです。いて欲しいです。しかし、もし出て行くという結論を出したとしても、無条件で恨む気にはなれません。
プロ野球選手などとは比べ物にならない小さな話ですが、私もFA宣言をしており、地元の会社に別れを告げ、東京の会社に転職することが決定しています。一定の評価も貰い、立ち位置も確保して、給料は安かろうと安定した生活であり、「楽」でした。しかしスキル的にも仕事内容的にも、このままでいいのか、という焦りもまたあったのです。悩みに悩んだ末、やらずに後悔するよりやって後悔しよう、という結論を下しました。
気持ちが多少わからないでもないので、よほどのことが起こらない限り、私は新井選手を応援し続けると思います。よその球団に行ってカープファンを貶める発言をしたり、品性下劣が行いをしない限りは。

とりあえず。
新井選手。
この不利、不遇な状況にあってカープという小さな芽を守っていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします、と言えるように、そして、全てが終わったとき、優勝してくれてありがとうございました、と言えることを、私は祈ってます。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« May 2006 | Main | November 2007 »