« 誉殺し編 | Main | 三種の神器 »

究極の選択

上司に呼ばれました。

「おい、志賀、お前に一人配下の者をつけるとして、こーんな顔して(ぐちゃ)フゴフゴ言ってるけどすっごい仕事が出来る男と、ものすごい綺麗で、で、仕事がそこそこ出来る女の子とどっちがいい?」
「後者でお願いします」
「早っ。即答やったな」
「選択の余地がありません。猛省を促したいと思います」

来るのはまず間違いなく40くらいのおっちゃんだと思います。本当にありがとうございました。

|

« 誉殺し編 | Main | 三種の神器 »

黄昏刻」カテゴリの記事

Comments

うむ。私もその上司には猛省を促したい。
てか、オンナノコが下についたことが無いぞ。すさんだ職場だ…。

Posted by: adas | Feb 11, 2006 at 09:57 PM

自分もないなー。下につけられたことはあるけど。そのときはもちろん、跪いて忠誠を誓い、馬車馬のように働きました。

Posted by: 志賀 | Feb 13, 2006 at 12:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26033/8599982

Listed below are links to weblogs that reference 究極の選択:

« 誉殺し編 | Main | 三種の神器 »