« キャンプイン間近! | Main | 紳士たるべし »

球春到来

キャンプインである。一週間近く前から始まってるという風聞もあるが、それはともかく、カープの沖縄キャンプがこの程はじまった。

今年のカープは例年になく評価が高い。「も、もしかして、これなら5位になれるんじゃないか?」という驚きの声があちこちから聞こえてくる。これはやはりブラウン新監督の手腕への期待感であろう。逆に、私はこの好評価の嵐に「もしかしたら今年のカープは優勝出来ないかもしれない」と不安を覚え始めたところであるが、あらゆる角度から考えて杞憂であることが明白なので、検討しないことに決定した。

マーティである。
ブルペンでは早くもカミナリを落としたらしい。どういう課題を持って投球をしているのか、と。漫然と投げ込むのではなく、頭を常に回転させながらやる練習。マーティの指摘するこの姿勢こそが今までのカープに足りなかったものではないだろうか。勘違いしないで欲しいのは、過去のカープの猛練習が無駄だった、と言いたいわけではないことだ。これまでの練習で培ったものを土台にするからこその、頭を使った練習である。
カミナリを落とされた投手が本当に何も考えずに投げていたのかどうかは分からないが、そう怒られたときに言い返せるくらいに論理的にものを考えられる投手になって欲しいものだ。

新しいカープがどのような球団になるのか、どのような強いチームに変貌するのか。その兆しは早くも見え始めた。ネットでキャンプ中継を見る限り、選手から立ち上るオーラは力強く、星座の形さえその中に見えるほどである。

カープは強くなる。

私はそう確信している。この予感が間違いなく当たることは、毎年の私の予感が全て的中すれば今ごろカープが全宇宙を支配していることからも明らかだ。
開幕が楽しみである。

|

« キャンプイン間近! | Main | 紳士たるべし »

広島東洋カープ」カテゴリの記事

鯉する哲学者」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26033/8527026

Listed below are links to weblogs that reference 球春到来:

« キャンプイン間近! | Main | 紳士たるべし »