« 鯉々の黄昏 | Main | おまじない »

真夏の戦い

本日も大阪は36度を越えていました。
猛暑です、猛暑。酷暑。
もちろん大阪だけではなく、東京は34度、アラブ首長国連邦では45度、太陽に至っては6000度とこの夏一番の気温を記録したそうですよ。全く、暑いはずです。

この炎天下、高校球児たちは甲子園で熱戦を繰り広げているわけで。甲子園に観戦に行こうと家を出た瞬間あまりの暑さに断念し、冷房の利いた市立図書館へ方向転換するような私にとって、尊敬以外、彼らに対し抱ける感情はありません。高校生の頃は、この私も灼熱の太陽の下はしゃぎまわっていたのでしょうか。あまりにも遠い過去なので思い出すことが出来ません。

それにしても、これだけ暑いと何をする気もおきなくなります。

学生の頃夏休みに入ると、この有り余る長期休暇を利用し様々な研究を行おうと気勢を挙げたことを思い出します。図書館で人を殴り殺せるような分厚い本を何冊も借りました。借りまくりました。そして、それらは一度も開かれることなくカバンの肥やしとして2ヶ月過ごしそのまま返却されたものです。

なぜそのような結果になったのか。

暑さが原因という他はありません。
冷夏の年や冬休みにも同じ現象が観測されたことは不可解ですが、瑣末な事柄として除去できるので問題はないでしょう。

つまり何が言いたいのかというと、就業中にうたたねしたり画面を見つめたまま数分間固まってしまったりうつろな目で宙を見つめてしまったりしたとしても、悪いのは冷房を止めてしまう輩だってこと。なんで止めるんですか!? そこら中に転がってるPCが熱風を吐き出してるってば!

冷房さえいれてくれたら。
冷房さえいれてくれたら、もっと集中して眠ることが出来るのに。
考えると悔し涙が溢れて来ます。

恨みノートに書きとめておこう。

|

« 鯉々の黄昏 | Main | おまじない »

黄昏刻」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26033/5367782

Listed below are links to weblogs that reference 真夏の戦い:

« 鯉々の黄昏 | Main | おまじない »