« 体を張った男 | Main | 新世界へ »

陰と陽

うどん屋にはいったら聴き覚えのある曲が流れてたので「これストライクフリーダムが初発進したときの曲じゃね」と言ったら笑われてしまいました。志賀です。こんばんは。
TMさんですもんね、そりゃ有線でも流れるわ(ガンダムDESTINY挿入歌)

てなわけで、大島が1回0/3でノックアウト。まぁほら、こういう状態になるのは覚悟してるわけで。とは言っても捨て置くことは出来ぬというか、いいものではないと言うか。昨日大竹がいいピッチングをしただけに惜しかったです。ここで5回3失点くらいでいってくれれば希望が見えてきたのですが。

澤崎・黒田
矢野・酒井
河内・苫米地
大竹・大島

んー、切磋琢磨って言葉、カープ投手コーチの辞書に載ってはいても意味が一般と違うのかもしれませんね。共倒れもしくはプラマイゼロしか見たことない。関係ないけど、週間少年ジャンプの『BLEACH』って漫画の作者さんは広島出身で、主人公の「黒崎一護」は黒田澤崎15番から名づけたってウワサを聞いた事があります。真偽の程は分かりません。
今日は負けちゃいましたけど、新井さんに江藤の香りが漂って来ましたし見所はあったのではないかと!(横浜で一矢報いる本塁打を放つところ) 栗原も独り立ちしてきましたし。投手陣の整備さえ出来ればAクラス狙える戦力にはなると思うわけです。

今年は佐々岡、高橋建、澤崎、幹英、苫米地と錚々たるメンバ(少なくとも私にとっては)が切られる可能性あるわけですが、切るならまずあの男からにして欲しいと思いますが無理ですかそうですか。とりあえず言いたいことは、早く広くて新しい綺麗な球場で投げさせてあげたいなってこと。

|

« 体を張った男 | Main | 新世界へ »

広島東洋カープ」カテゴリの記事

Comments

つ 「両雄並び立たず双方共倒れ」

きたへふ・おおのの時代はよかった・・・。
紀藤・近藤てのもありましたね。

ちなみに週刊少年マガジン連載中の某ハーレム陸上漫画の作者はかなりのカープ馬鹿である模様。

Posted by: ハイエロ | Sep 01, 2005 at 12:24 PM

なんですと!
萌えマンガが多くなって一歩しか読まなくなっていたマガジンに、まさかそのようなグルービーな作品が隠れていたとは…

よし、ハーレムに行って来ます(ジェット音)

Posted by: 志賀 | Sep 04, 2005 at 01:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26033/5726763

Listed below are links to weblogs that reference 陰と陽:

« 体を張った男 | Main | 新世界へ »