« 地域の風習 | Main | 人生論 »

ぼくのゆめ

夢をかなえるためには、科学者になるしかなかった。
しかしそれは、叶わぬ夢。覆らない現実。
悲しみを振り切り、僕は次の夢に向かって走り始めました。

「うぎゃー、進捗資料のフォーマット変わりやがったよー」
「え、またですか」
「しかもこれこれこういう報告書を作れとさ。どんだけ時間かかると思ってんだってんだってんだこんちくしょー」

そんなことを口走っている同僚に対して

「こんなこともあろうかと前もって開発しておいたエクセルシートがあります!」

このセリフを言うのが今の僕の夢です。
これなら、これなら叶えられる…!
見ていてください、真田さん!(宇宙戦艦ヤマト)

|

« 地域の風習 | Main | 人生論 »

黄昏刻」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26033/2808270

Listed below are links to weblogs that reference ぼくのゆめ:

« 地域の風習 | Main | 人生論 »