« December 2004 | Main | February 2005 »

影響を受けやすい

身近な人が短歌をやっているので私もやってみようと思った。

……(思案中)

む、無理だ!
ダラダラと書きなぐるだけが能の私では、短い言葉の中に深い意味を込める短歌は合っていない! しかし、文章力を上げるための有効な手段であると思うので練習してみようかと思ったり。掛詞とか韻を踏むとか、普通に文章書く上でも重要なんよね。

返歌とか出来たら雅な女性にモテそうだし!(不純)

| | Comments (85) | TrackBack (0)

ドラクエのお医者さん

ドラゴンクエストのお医者さん』(FF・DQ板)

これは面白い。よく出来ているネタが多い。
ドラクエ5と動物のお医者さんの融和性はただごとではない!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不断の努力

久々に文章を書いていて痛感していることが。
まさか、これほどまでに書けないものだったとは! いや、今までも多少間があくことはあったにしても、サイト更新以外で書いてたりにしてたし数ヶ月更新なくても大丈夫だったんです。しかしですね、今は本当にね、難しいです。言葉が出てこないんですよ。仕事で22時前に帰れない日々が続いてたからなー。まったくもう。忍び寄る悪魔の係長め~(大迷惑)。ま、ともかく、やはりどんなものでもいいから毎日書きつづけることが重要ですね。そう、

普段から不断の努力がふんだんに必要なのです!

…この言葉を書くために、エミヤシロウは今日の文章を書いてきた…!(得意満面の笑みを浮かべながら)

いや、『Fate/stay night』はいいですね(ノベルなのにプレイ時間長いけど)。約束された勝利の剣の場面とかね(とっても長いけど)。長刀のアサシンのサーヴァントとか大好きだし(60時間!!? ヲイヲイ、ってな長さだけど)。つまり何が言いたいのかと言うと、タイガーさいこー、ってこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジェネレーション・ギャップ

カラオケルームにて。

ガロの『学生街の喫茶店』とかツイストの『銃爪』などを好んで歌う僕なわけですが、会社の人に「お前古すぎるわ!」「絶対年ごまかしとるじゃろー?」とか散々な言われようです。

一青窈とか中島美嘉とか歌う子にならともかく、『バビル2世』とか『マジンガーZ』を歌うヤツに言われたくありません! 一緒に歌ってしまう僕も僕ですが!

そんなわけで、最近の歌が全く歌えません。こんな僕ですが気になるあの子をカラオケデートに誘っても大丈夫でしょうか?(ダメです←天の声)
てなわけで皆様、ごきげんよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

創造力

河原、空想世界へ旅立ち(ZAKZAK)

河原がドラクエやってるというウワサ。
それはどうでもいいとして、空想とか想像とかすることは悪いことではない。人間は、自身の想像力以下のものしか創造することはできないのだから。

「――忘れるな。イメージするものは常に最強の自分だ。外敵など要らぬ。おまえにとって戦う相手とは、自身のイメージに他ならない」

つまり何が言いたいのかというと、ドラクエ8やりたいなーってこと。
7もまだプレイしてないけどさ(序盤しか)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロ野球順位予想

球春到来を目前に控え、第一次プロ野球順位予想が花盛りである。各紙に掲載されているので見かけたことのある方も多いであろう。
やはり気になるのはカープがどのような順位に予想されているかであるが、概ね5位か6位に挙げている解説者が多かった。さもあらん、と私は納得した。やはり贔屓のチームを1位に予想するのはためらわれるのであろう(解説者のほとんどはカープファンだ、という統計は真実だったのだ)。特にカープファンは現代日本では失われつつある謙譲の美徳を綿々と受け継ぐ人種なのだから1位予想しない人物が多いのは仕方がないと言えよう。

ただ、謙遜も度を越すと嫌味になってしまうので、私は広島東洋カープを当然のごとく1位、つまり優勝すると予想しておこうと思う。走攻守、どれをとっても死角がないのだから当然と言えば当然だ。視野がなければ死角もない。

しかし、いくらカープといえども不安要素がないわけではない。
考えにくいことだが、黒田と高橋建と河内と大竹が各自20勝出来なければいくぶん優勝確率は落ちるであろうし、これまた杞憂であるだろうが、嶋が打率3割5分を切ったりラロッカが本塁打50本打てなかったりすれば計算は狂ってしまう。ネガティブに考えるならば、カープは10月まで優勝争いをしてしまうかもしれない(8月中の胴上げは微妙である)。

今年のセ・リーグは、鯉兎燕竜虎星、であると思われる。

総論を簡単に書いてみたが、明日以降からは各論を詳しく述べたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

未来予想図

月曜だというのに飲みに行った。

うちの部長が、若い男の子が好きで(昔は女の子が好きだった)カープ大好きなセクハラ親父(わが社では誉め言葉)だという話をする。

うーん、こうなりそうで怖い(役職以外)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

I am the bone of my sword

1ヶ月に1回未満という更新頻度!
それどころか、自分のサイトを開くことさえなかった!

これでサイト運営していると言えるのだろうか。いや、言えない。

僕は改心した。

今日から毎日更新する。

仕事においてこれからしばらくは定時で帰れそうだから、という事情ももちろんあるが、それだけではない。継続は力なり。このことを私は忘れていた。それを思い出させてくれた衛宮士郎に感謝したい。そう、努力を怠らなければ凛とした女性が見ていてくれるものなのだ!(勘違い)

      体は  建で  出来ている
――― I am the bone of my sword.


そう、俺に出来ることは、高橋建ネタで文章を書くことだけだったんだ……!

てなわけで今更「fate」をやりました。どうぞヨロシク。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »